FC2ブログ


目覚めて、笑う日々

変化球なお笑い生活紹介文

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


kisskisskiss2010

01月20日(水)20時36分

またまた日にちが経ちましたが…

神保町花月
kisskisskiss2010
です。

出演者
カナリア 安達
チーモンチョーチュウ
ジャングルポケット
ブレーメン
平田敦子
ナレーションのみ カナリア ボン

脚本・演出 カリカ家城


とっても楽しかったですし、色々と考えることがありましたー
ですが、どうやら再演の可能性があるとかの話が出ていますのでネタばれが嫌な方は以下ご注意を。



さてさて、タイトルの通りテーマはキス。

主役の平田さんが恋に奮闘され振り回されるOLです。
その同僚男性にチーモン菊地さんとブレーメン岡部さん。
同僚OLに女装のチーモン白井さん、ジャンポケ武山さん・太田さん。
お化粧もバッチリで(恐らく付けまつげも)スカートにカーディガンと騒がしい3人娘で。笑
ジャンポケ斉藤さんとブレーメン関根さん、カナリア安達さんは平田さんと恋をする役者とミュージシャンと小説家。
ちなみに菊地さんも恋します。
モテない平田さんが日々磨くピンクの招き猫で、恋愛の神様がボンさん。


ざっくりとストーリーを。

菊地さんに恋心を抱きつつ、諦めてしまっている平田さん。
そんな時、ピンクの招き猫に恋愛の神様が憑依。恋の魔法を授けます。
それは好きになった人が好きになってくれるというもの。
もちろん喜び、菊地さんと恋に落ちるが、白井さんとの浮気が発覚。疑った瞬間菊地さんへの魔法が解けてしまいます。
魔法は平田さん自身が好きじゃなくなった途端、解けてしまうよう。
次こそはと、ミュージシャンのブレーメン関根さんと激しい恋に落ち…別れ。
次は俳優のジャンポケ斉藤さんとドラマチックな恋に落ち…別れ。
次は小説家のカナリア安達さんと官能的な恋に落ち…結局は魔法が解けて別れてしまいます。
魔法と恋に振り回される中、菊地さんの横領が発覚して捕まってしまったり。
そして恋に疲れ、雨の中で泣く平田さんに冴えない同僚のブレーメン岡部さんが優しく告白。
魔法でもなく本当の恋。

みたいな感じで。笑
これだけだと普通のラブストーリーですが、もう満載のキスの嵐。
もちろん笑い声も飛び交う素敵な話。
でも、人様のキスシーンを生で見ることなんて中々無いからなんだか恥ずかしい気持ちもありつつ…笑
そしてその度に家城さんの顔が浮かんできましたー笑

菊地さんのダンスシーンや対抗した斉藤さんのダンスがあったり。
OL3人娘の会話では白井さんの自由さが出まくってたり、私的には太田さんが素敵で。笑
恋愛ものだから恋に悩む平田さんの言葉に共感したり、悲しくなったり。
菊地さんはなんだか甘えたで、お客さんからは悲鳴にも似た声が上がっていましたー笑
恋に奮闘する?ようなミュージカル調のシーンでは太田さんと武山さんも男役になり、キスをして。
なぜか太田さんは水着で。笑
そして安達さんのキスは楽屋裏ブログとかにもあったようにとにかくエロい…


普段、ドラマや映画ではラブストーリーが苦手な私。
それでも、何より素敵な恋をしなきゃ!っと感じましたー笑

どうやら再演やらの噂があるようで、楽しみにしています。
恐らくキャストも変わるだろうし、でもそれはそれで楽しみになっています。

そして家城さんの頭の中を覗いてみたくなった。笑





恋から遠ざかり過ぎた、日々
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://motto249.blog7.fc2.com/tb.php/216-f2ef54ee

TOP

template designed by honome

FC2Ad

素敵な言葉

POISON GIRL BAND吉田さん
 3/6「吉田の恋60分」

プロフィール

あづち城

Author:あづち城
下らない生活を笑いで愛す日々

東京吉本を中心に偏った愛を注ぐ
単純な社会人4年生

舞台からは遠ざかり
DVDとお酒に頼りきる毎日で


転職して、設計に携わりはじめました。


ツイッターは休みがちで、暗さMAX。
243to1261をフォローしましょう

参加予定

6月9日 神保町花月 「ピカロス11」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。